ふたご座流星群2018宮崎の角度や時間帯は?オススメスポットも調査!

スポンサーリンク






時々ニュースでも流星群が話題になったりしますが、冬は空気が澄んでいて星空観察にはもってこいの空!

そしてこの12月に観測できる「ふたご座流星群」の季節がやってきます^^

1年間毎日頑張ってきたあなた!2018年が終わる前に、たまには夜空を眺めてみてはいかがですか☆彡

マレにしか見られない「流れ星」を大量に見れて、癒されるチャンス!

そんなふたご座流星群について調査しました!

スポンサーリンク

 

~関連記事もみてね~

流星群のお供にドーナツはいかがですか?→ミスドのポケモンコラボは予約できる?ピカチュウの失敗顔も調査!

 

ふたご座流星群とは?

しぶんぎ座流星群(1月)、ペルセウス流星群(8月)と並ぶ三大流星群のひとつです★

ふたご座流星群は、毎年12月14日頃を中心に活動している流星群です。
特徴のひとつは、毎年ほぼ確実に、たくさんの流星が出現することです。流星数が多いことから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に「三大流星群」と呼ばれています。夜空の暗い場所で活動が極大の頃に観察すれば、最も多いときで1時間あたり40個以上の流星を見ることができます。

もうひとつの特徴は、夜半前からほぼ一晩中流星が出現することです。三大流星群のうちペルセウス座流星群としぶんぎ座流星群は、どちらも夜半から未明の時間帯を中心に流星が出現します。しかし、ふたご座流星群は20時頃という早い時刻から流星が出現し始めるため、お子さんをはじめ多くの方々にとって観察しやすい流星群です。

このように、ふたご座流星群は、流星を初めて見てみようという人にもおすすめしたい流星群です。

引用:国立天文台HP

三大流星群の中でも観察しやすい流星群となっているみたいです^^

しかも夜8時頃から見れるのでお子さんとも一緒に観察しやすいですよね☆

↓昨年のふたご座流星群の動画です!こんなにたくさん流れ星見れるなんて素敵です^^

 

2018年宮崎での角度や時間帯は?

まず、2018年のふたご座流星群の日本における観測条件は「比較的良好」らしいです!

見頃となる時間帯は

2018年12月14日(金曜日)23時頃!

この時刻を過ぎても15日の夜明けまで流星群が多くみられるそうです☆彡

最初はまだ月明かりがあって明るいかもしれませんが、15日に日付が変わったころが観測的には好条件だそうです。

  • 流星群の数を多く見たいなら23時頃
  • 流星群を好条件で見たいなら15日に日付が変わったころ

を狙い目にするといいと思います☆

期間としては2018年12月13日(木曜日)の日没後から観測できるようなので、2日間観測にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

また、方角ですが

流星の出現位置という意味では「どこでも構わない」だそうです!

これは全国的になので、宮崎県内で観測する場合も同じと考えていいようです☆彡

しいていえば、2018年12月13日~14日ごろは西側に半月に近い三日月になっている予想なので

好条件で見たいのなら月明かりを避ける東側の空を見るといいようです^^

ちなみに来年2019年のふたご座流星群の観測は悪条件という予想が出ているそうなので、今年しっかり見ておくことをオススメします!

引用:流星電波観測国際プロジェクト

 

宮崎県内のオススメスポット!

宮崎県で観測できそうなオススメスポットを紹介しますね^^

■青島パーキング展望台(宮崎市)

宮崎市内から日南エリアを結ぶ青島パーキング。上下線ともパーキングあり、横断歩道を利用して徒歩で行き来できるようになっています。このくだりパーキングエリアに2か所の展望ポイントがあります。1か所は北側にある階段を上がったところ。広い展望広場になっており、青島駅、そして宮崎空港から、遠くは宮崎市内までの光が確認できます。2か所目は、駐車場で外灯が灯っているポイント。下りの階段になっており、ここから青島港方面の夜景が望めます。光量は少ないですが、手軽に訪れることができるのが嬉しいところですね。

この2か所目の展望ポイントが東側なので2018年のふたご座流星群観察にはぴったりのポイントだと思います!!懐中電灯をお忘れなく!

出典:宮崎県の夜景スポット

住所:宮崎県宮崎市折生迫

 

■金御岳(都城市)

都城中心部から20分ほどで、街全体を見下ろすことができる金御岳公園へ到着します。都城盆地はスカイスポーツに適した地形をしていて、この公園はハングライダーの絶好ポイントとなっています。展望公園には駐車場があり、ここからは車に乗ったままフロントガラス越しに夜景を楽しむことができます。また、自動販売機付近にある階段を上り、さらに南側に向かう小道を進み、さらに急階段を上ると山頂に到着。ハングライダー基地があり、視界は2倍に広がります。徒歩5分の坂道&階段と大変ですので、ここからの夜景観賞は、相手を選ぶかもしれません。

かねみだけ、と読みます。ここは視界がぱーっと開けて空が見渡せるスポットです。2018年のふたご座流星群は東の空がベストでしたが、一応空全体で観測できるので問題ないでしょう!運がよけれは車内からも観測できるかもしれません^^

出典:宮崎県の夜景スポット

住所:宮崎県都城市梅北町

 

どちらもオススメなので検討してみてくださいね!!

 

流星群観察の必需品!

ふたご座流星群=12月の夜=めっちゃ寒いです!!w

  • 防寒着
  • 手袋(スマホ対応)
  • 温かい飲み物(食べ物)
  • ブランケットまたは毛布
  • ホッカイロ

は必需品です!

しっかり準備して行きましょう☆彡

↓昨年のふたご座流星群の時期のtwitterを見つけました^^

↑寒いのではなから諦めている人もいましたねw

↑これすごく憧れます!スタバの温かい飲み物と可愛い我が子と観測!素敵!

娘ちゃんの表現も可愛くて素敵です^^

↑足がつるのは水分不足っていいますし、やっぱり飲み物と防寒対策は必要ですね!

人間、ほんとにピンチの時は思っていることが先に口からでちゃうみたい…^^

スタバもいいですが、冷えちゃうので蓋付のタンブラーとかに温かい飲み物入れて持っていくのもいいですね!

>楽天で蓋付タンブラーを見てみる

↑これオシャレでとってもオススメです☆彡

そして、手袋も必需品です!スマホで写真も撮りたいので、スマホ対応じゃなきゃダメですもんね。

>楽天でスマホ操作対応でかわいい手袋を見てみる

↑これならスマホ対応だし、可愛さやあたたかさまで備わっていて一石三鳥くらいです!

プレゼントとしてもオススメですよ☆彡

 

マメ知識!なぜ冬の空は澄んでいて星が観察しやすいの?

理由といわれるものは2つ。

  • 空気中の湿気が少なくなるから
  • 空気分子の運動量が減るので不純物を拡散させにくいから

と言われています。

花火も冬にあげたほうが、本当は綺麗に見れるみたいですよ^^

こうゆう条件がそろって、冬の空は澄んでいて、流星群観察にはもってこいです!!

「チコちゃんに叱られる」でもやりそうな内容をお届けしましたw

↓澄んだ空のなか、もしかしたらこんな綺麗な流星群が見られるかもしれませんよ☆彡北海道の空とは驚き!!

 

まとめ

2018年のふたご座流星群、今年は好条件なのでたっぷり見たいですね☆彡

しっかり防寒対策して温かくなりながら観察しましょうね^^

たくさん流れ星が見れますように☆彡☆彡☆彡

スポンサーリンク