毛玉になりにくい素材やなりやすい素材は?処理方法やお手入れのコツも調査!

スポンサーリンク






冬の寒い時期に活躍するファッションアイテムといえば「ニット」!

あたたかくて、ふんわり包まれて、外せないアイテムですよね^^

でも、可愛くてお気に入りになったニットに「毛玉ができちゃった><」ということが時々ありますよね…

本当にショックですよね。。。

毛玉ができると、高いニットでも安く見えちゃったりだらしなく見えて、お気に入りのニットも台無し…

なんとか毛玉にならない方法はないのかな…

「そもそも毛玉になりにくい素材のニットを買えばいいじゃん!」

とひらめいたのです!w

ということで、私自身も気になるニットの素材や、毛玉ができちゃったときの対処方法まで調査してみました!

スポンサーリンク

 

毛玉になりにくい素材は?

自然由来の天然素材が毛玉になりにくい素材になるそうです。

  • 綿
  • ウール(羊の毛)
  • カシミヤ(カシミヤ山羊の毛)
  • シルク

特に綿100%のニットが毛玉ができにくいナンバーワン!

天然素材だとちょっとお高いイメージありましたが、意外とリーズナブルで柔らかそうなニットを見つけました!

 

あとは、定番ですがUNIQLOの目の細かいニットが毛玉ができにくいと評判です^^

引用:UNIQLOホームページ

一度試してみてはいかがでしょうか^^?

 

毛玉になりやすい素材は?

合成繊維、化学繊維が毛玉になりやすい素材になるそうです。

  • アクリル
  • ポリエステル
  • アクリルやポリエステルと天然素材の混合生地

が代表的な素材ですね。

といっても、ほとんどのファストファッションはこちらの素材が使用されていますからね…

今度ニットを購入するときは素材を確認してみてくださいね^^

 

そもそも毛玉ができる原因と対策は?

毛玉ができてしまうのは「摩擦」によるものが一番の原因となるそうです。

素材を気にした後は、なるべく摩擦が起きないように気を付けてみましょう!

具体的には、

  • 毎日同じニットを着ない
  • ニットの上に着るアウターは、摩擦を考えてゆとりのあるものを選ぶ
  • ニットを着ているときにリュックやショルダーバッグを使用しない
  • 洋服ブラシをかける

をするだけでも毛玉になりにくくなるそうです!

特に、ブラシをかけて毛並みを整えることは結構大事みたいです。

髪の毛もブラッシングしてからシャンプーリンスをすると綺麗になるっていいますもんね^^

おすすめはこのブラシ↓

毛玉取りの毛玉取りブラシも付いていてこのお値段はお得ですよ^^

 

更にお洗濯時のポイントですが

  • お洗濯前後にブラシをかける
  • 裏返して洗濯ネット(目が細かくてニットとの隙間のないもの)に入れる
  • 洗濯機の場合、弱洗いコースで洗う
  • なるべく手洗いなどで優しく洗う
  • 仕上げに柔軟剤を使う

ことを心がけてみてくださいね!!

 

最悪、毛玉ができてしまったときはコレ↓

結構口コミもいいようでおすすめですよ^^

ティファールからも出ているようで、こちらもティファールなのにお手頃価格!

こちらも口コミ発見!

どちらも口コミいいようでオススメですね^^

お気に入りのニットに毛玉ができてしまって、それでも大事に着たいという方は

毛玉クリーナーを使ってみてくださいね!

 

まとめ

自分の為にも調べてみて勉強になりましたw

そして、天然素材は高いかもしれないですが、お気に入りを見つけて長く大事に着て行こうと決断しました!w

次購入するときは、デザインを見た後必ず素材を確認します^^

みなさんもお気に入りのニットを毛玉無しで大事に着て下さいね♪♪♪

 

 

 

スポンサーリンク